2016-09-01

History and Profile



 






_underline / _(underline)

BDSM, 身体拡張, Art Player〈Art Fetish〉 and Fictions

I am NOT liking DISPOSABLE.
俺は使い棄てを好まない

信じるものがあるならそれは幸せなことだ
そうあるべきだ
それを失ったとき如何なる生き方があるのかに関心がある


社会性以前の実存主義




Pre:_(underline)








1999 Green Valise
90年代に作り続けた小説群(主に短編)には, 完成/未完成を問わずナンバリングが施されていましたが, それらは失敗だと看做されました. 多くの小説は破棄され, 139個が残り, 詩集やペインティングやコラージュとともに鞄に収められ, それらをひっくるめて'Green Valise'という第一の作品と規定しました. これは2005年に解体され, かつての失敗した小説群は素材と認定され, その際にさらに数が減らされました. 第一の作品と規定されたはずの'Green Valise'ものちに破棄されます. なので今, _(underline)以前の作品は存在しないこととなります*. さらに, 著者は2を信奉しているため, 二度の失敗は許されず, ゆえに, 本名名義は終了しました.

*ただし,同人誌掲載作品は残存し(1997,98,99[OR-GATE]/1998,99[河南文學]),幾らかの作品は_(underline)名義で再生する.







2000 n/d
00年代, 複数の名義を使い分け, World Wide WebというカンバスにWeb Siteという活動を作る試みを続けました. Realpaid, W-Eといった名義がその代表ですが, BlogさらにSNSの時代へとインターネットが変化するに辺り, 2006年以降は小説'Hell If I Konw'発表の場へと縮小. 突如, Web Siteがレンタルサーバーに消されることで終了しました.

この間, 2001年以降, 文字化けテキストを中心としたランダムな文字列を含む小説制作を始めています.
カットアップ,コンデンスト,フラグメント,エトセトラ.

二度の終了を経て, 失敗した人間でもしぶとく生き続ければ誰かの励みになるかもしれないという希望だけを持って, すべて_(underline)に回収されます.







_(underline) also known as _underline












2002. 09.29 vacantroom(1)
at Club OTO-YA[hyogo]


1st Organizer:SoAttmh(Flyer Design:symphony space) / 2nd Organizer:an0n / Text:_(underline) / Other Resident:dsy,lo/g(u:)m,精神中央,PA

text1〈神戸から送られる午後のアンダーグラウンド————その場なしでは記憶に前もってなかった音で『音像の記憶』へ接近するために『vacant room』は呼ぶ——dub,abstract,noise,electronika,avantmusic,breakbeats,etc. 日常空間に滞る 深い記憶の音の追体験現場——『vacant room』!!!!——3Djs,symphony space(live)& Sessions——ex『外へ』とroomの瞬間的な接続がactivityであると信じ開催される。〉 ....flyer vol.1のtext

2002:10.27(2) 11.24(3) 12.29(4) / 2003:02.23(5) 02.23(6) 03.30(7) 04.27(8) / 2003:05.25(9) 06.29(10) 07.27(11) 08.31(12) 11.30(13) / 2004:02.30(14) 06.13(15) 10.24(16) / 2005:01.23(VS NON ATTRACTOR) 03.04(handshake) 07.30(handshake) 09.23(21) 11.26(22) / 2007:12.19(23) / 2008:04.13(24)

Dj_(underline):1-18,23-24 / -a.k.a._(LINE a.k.a.UNDERLINE):20-22
Dj_(underline) is fond of Industrial Music,Electronica and Cut-up(CDJ-700S)!



2002,2004,2005,2006,2007,2008,2010,2011,2012,2014 Dj_UNDERLINE
2002:AENIMA周年PARTY at AENIMA(hyogo) TRANSFORM(vol.1-4) under a cherry blossom(event中止) at 須磨浦公園近辺 2004:08.15(DUB KEY#04welcome19頭身 at BRIDGE[osaka]) 12.31(COUNTDOWN音屋 2004-2005) 2005:04.08(dDamage Japan Tour in Kobe) 2006:06.09(Handshake 8 at BRIDGE[Osaka],flying swimming企画) 07.17(ANALOG SUICIDE[from Turkey] Japan Tour in Kobe) 06.10(ACT OUT,Zoanthropy企画) 2007:03.28(汎芽舎night) 04.14(猥褻MAX at BRIDGE[osaka],penyynep+_underline,THIRD ORGAN企画) 06.15(ラウンジoto-ya) 07.27(ラウンジoto-ya vol.2) 08.18(ACT OUT 4,Zoanthropy企画) 09.01(サーカス・マクシマス[CIRCUS MAXIMUS,an0n企画) 11.21(Handshake vol.11 Red Dots on White Surface at M12 [Berlin/germany] ,flying swimming企画) 2008:03.05(ANALOG SUICIDE in Japan 2009 at Katakamuna [hyogo]) 06.28(Daniel fandino in JAPAN 2009 at Katakamuna) 09.11(DJ Phylum JPN TOUR at Katakamuna §オーガナイズのみ) 2010:04.09(Nobody's Place at RAT [hyogo])* 09.22(Be Eat Zero 2010[vol.9] at Katakamuna)* 2011:9(Be Eat Zero[Vol.21] at katakamuna)* 10(SABBATIC at barMEL[Kobe])* 2012.05(Le salon du latex at Doll Dress [osaka])* 2014:04.12(CIRCUS MAXIMUS at Sunflower,Kobe [hyogo],an0n企画) 08(YuukiNosight's EVENT at artyard studio [osaka])*
*以外は_(underline)名義

FEAT.MADONNA MIX, DJ-MIX, DJ_(UNDERLINE) 2002(CDR) mastering by Sunao Inami
#2, DJ-MIX, _(underline) 2004(CDR)




2003. 04.18 雑音加納町(1)
at Club OTO-YA
ORG _(underline)


2003:04.18(1.NOIZER'S MAYDAY) 05.08(2.空虚の祝展) 07.18(3.裏神戸temptation) 08.29(4.ZASH-音)10.13(5.舞台裏地下パーティー) 11.16(6.雑音加納町01) / 2014:02.17(7.アヨトーesuoyea!) 03.07(8.天使企画vol.1) 05.02(9.AVTESNOYEA#2 ex.アヨトーESNOYEA!) 05.23,XX.XX(10.11.UNDERGROUND,PRIVATES) 2004. 07.18(12.20040718SUN23001500) / 2005:01.07(13.雑音加納町 ACT13)

dj_(UNDERLINE):1-3,5,7-8,13 / NOISE ANGEL:1-3.5 / 天使_(ANGELUNDERLINE):7-8 / _(UNDERLINE,GOMSTYLE):9-11 / CLASSICゴム(UNIT):3,5 / BLACK VELVET(Unsolved~兵庫霊所図繪~管理人)+DJ_(UNDERLINE):5 / Come Angel Dust(UNIT):12 / 神戸ヘーターズ(ACTION):1,3

[UNIT] CLASSIC GOM [classic0721 + _(underline)]
上記以外に 2004:03.21(AMBITION OF SHUURO 3) / 2009:01.22(Kouhei,Raionbashi,Rashad JPN Tour at Maiden Voyage,石上和也+角正之企画 [hyogo])

NOISE ANGEL 天使企画ORG
CDJ700S,Guitar Effector,ETC. CDJ700Sという機材の裏機能によるライブのために存在する
派生天使_(ANGELUNDERLINE)
Cushion Rubber,Contact Microphone,Guitar Effector,ETC.
ゴムとフェティッシュを通した強い自己表現

_(UNDERLINE,GOMSTYLE)
上記以外に 2004:10.22(SINK8!,Terminal Explosion企画 at WHOOPEES [Kyoto]) 11.25(発狂,不思議喫茶AENIMA企画 at Pi:Z [Kobe]) 12.14(地下9階)
派生下線ゴム
2004:08.26(発狂 at Pi:Z) 11.14(地下6階, feat. R) 2005:03.13(NOISE50, penyynep企画)

[UNIT] Come Angel Dust [_(underline) + Chang Chang]
上記以外に 2004:09.21(真夜中の王国,24072企画) / 2005:03.06(地下13階) 04.19(地下15階) 05.08(地下16階) 07.12(地下17階) 08.13(ACT OUT,Zoanthropy企画) 09.21(地下21階) 10.16(AMBITION OF SHUURO 6) 2006:08.17(ENDLESS K [ex. Come Angel Dust])
前身スカムエンジェルダスト [_(underline) + Chang Chang + hirota]
3人が別々の部屋にいる状況を想像する. それぞれが最高のノイズを放つ. _(underline)がやがてラバーシートと愛し合う.
2004:05.16(地下2階) 06.20(地下10階) 08.22(AMBITION of SHUURO 4) 10.03(地下4階) 11.07(AMBITION of SHUURO 5)

[UNIT] Dj_(UNDERLINE) feat.NNNN [_(underline) + (概念NNNN役の者)]
2005:01.21(急遽発狂,AENIMA企画) 04.03(live event)

[UNIT] ONE LOVE [_(underline) + F]
2005:02.15(地下12階) 03.21(RUN100%,ONE LOVE企画) 09.11(乙女座)

[UNIT] Gam & Barrel _+geckko
ゴムとディジュリドゥとのコラボレーション
2005:08.19(軸vol.5, 軸は_(underline)主催のHIP HOP + NOISE のPARTY)

-a.k.a._ YouTube
心拍数停止を意味する ――――――(LINE a.k.a.UNDERLINE)として6.30に開始. ダンスライク. 回転するDJブースからDJが飛びだし高速でダンスする. CDJ-700Sが2台とGAY SEX DVD音源を用いる. ソドム-ハイ.
2005:06.30(発狂 at Pi:Z) 08.13(HandShake 5.5 at &'s scene[osaka],flying swimming企画) 08.22(地下19階) 10.15(軸vol.6) 11.01(地下23階) 12.15(RUN200%) 12.31(COUNTDOWN音屋 2005-2006) 2016:03.04(adventure nite,DJ KILLER企画) 03.21(舞sau個展opening party at DISCO BEANS[Osaka] 06.18(FADE CRACK DOWN,an0n企画) 06.03(MUSIC FOR THE SPACE JAPAN TOUR 2008) 09.03(河和田アートキャンプ [Fukui]) 11.19(サーカスマクシマス,an0n企画)

\—__(BACKSLASHakaLINEakaUNDALINE)
2006:05.12(怪咲)


[ACTION] kobe-haters
The Hatersへのオマージュ. 会場にうず高く積み重なったダンボールの山を一斉に壊す. 平らになったあとも続く.
〈即興ダンボールというユニットの一環として登場。他に虹キャロライナー神戸などのユニットを持つ。神戸ヘーターズのパフォーマンス形態は、大量に集めフロアに無造作に積みあげたダンボール箱を複数のメンバーで壊すというもの(必ずゲストアーティストとのコラボレーションでライブは行われる)。ただし今後、まったく違うことをするかもしれないがそれはヘーターズというユニットの擬似再現行為から逸脱することはない。また形態上、理解のある会場を必要とする。〉 ....活動開始時のtext
上記以外に 2008.01.13(ACT OUT 5,Zoanthropy企画) など




※ここまでの場所明記のないイベントはClub OTO-YA. 企画明記のない来日ミュージシャンのあるイベントはおおよそC.U.E.企画



2003. 06.27 unlock(1) at KHLWWN (GAY-MIX PARTY,vol.3-7までClub OTO-YA)
Organizer:AYANO + KIZ_C / Flyer Design:NATSUMI(vol.5まで)



■Dis Pornography 2004(2x2 003)非売品,私家製
1997.12にペンで書かれた小説を1998.5に編集
作品タイトルと2つの章タイトルと白紙ページのみで構成

■The Inner privates of mental-core 2004(2x2 004) 3000円,私家製
1994-2004までの小説10篇他、詩、写真、作品リスト等を含むコラージュブック
vinyl sexual(1998) .... simple comic ver. 他




■Official materials 2005(2x2 005)非売品,私家製
1992-1998年の小説94篇と1999-2005年の小説2篇、他を収録
〈200近くあった作品は145(139+6)個に絞られて今回この「オフィシャル・マテリアル」として組まれるに際して、連作を一つとし130(124+6)個に、そこから以下のものを省いた94個へと進んでいる……。著者にとって自作品の対象化作業がなされたのは二度目になる。今回の製本によってこのような形での三度目はないと推測できる。……著者は三次元において二次元を素材として多くの者たちによる交通の世界で肉体を持ったデータとして快楽と積み重ねのなかで生きている〉





2009.10-2011 DARRA GAPPA vol.1-9(NEUS-318) NOISE ZINE. 漫画と音源を提供

■Hell if I Know 退屈男子の白く冷ややかな吐液に捧ぐ 2010(NNNN 003)600円,私家製
2006年末から2009年初頭制作の長編小説を別名義で全編収録して一時放棄
物語は'Garbled'に受け継がれる






 









Latex Gloves Art Playing


縦軸と横軸における身体制御が機能的であることを前提とした身体拡張と, 終わりなく続く魔術的官能.
形而上と日常の連結を経た生の事後, 永遠の多重次元と実感的結晶の創造.






 








2010.03.20-04.03 Room No.0002
at GiGi [hyogo]
a one‐man exhibition(_underline)

〈自分のなかに混沌としたエネルギーがあるとして、その出し方(ルート)の発見をかつての開拓者たちが絵画であったり音楽であったり詩であったり小説であったりという形式に整えて後世に伝えていく。そのとき、例えば小説では出てこない部分を造形で出すような意味でなら、一個人のなかで人格は複数存在しながらも均衡を得られる。自分のなかの1つの人格が完成としたものをもう1人の自分が観たとき不満足だと思い疎外感を感じるなら、彼が完成された空間の上で表現すればいい。同じように3人目4人目とそれをした結果、自分のなか(生存)の多様化されたすべてが肯定される(そのような一時のはかない夢を視させてくれる)。〉〈小学校高学年時の(授業で描いた)絵から、個展のための新作までを配置すること 医療用ゴム手袋を主に用いた新作では、メッセージ性を極力消すこと など〉 ....初個展時のtext
2010.03.20-04.03 Room No.0002 -Become silent. Be quiet.- at GiGi [hyogo]
2011.06.03-06.30 Room No.0003 at GiGi [hyogo]
2012.04.06-04.15 Room No.0409 at salon ha 409 [osaka] 
2013.05.07-05.19 Room No.EAST -latex rain town- at Night Gallery Cafe CROW [tokyo]
2013.05.21-06.06 Room No.WEST -bloody latex- at witasexutopia [osaka]
2016.05.14-05.29 Room No.0002.2016 -Cold, ....and..Relax.- at GiGi [hyogo] 特設サイト

2011-17 Other Exhibition
2011:04.27-05.15(VIVO at nearly equal gallery[osaka]w/ S.H ※関連で物販ブース複数) 05.14-05.31(ANTAVIVO at barTRAP[osaka],Photo Object) 11.14-11.20(333 at Doll Dress[osaka],group) 12.03-12.11(Since September at Books DanTalion[osaka],zine) 2012:02.16-02.29(andika at GiGi[hyogo]w/ Kana8of3) 04.27-05.02(LATECKY3 at Doll Dress [osaka], _Underline×谷敦志 Collaboration) 12.18-12.23(make rubber time at OMEGA ALGEA[tokyo]) 2013:03.06-03.17(刹那展-生贄ノ少女、歌姫ノ涙- at equal gallery[osaka],group) 04.02-04.14(仮面展 at OMEGA ALGEA[tokyo],group) 11.17-11.30(5th anniv.特別展示 at CROW[tokyo],group, under_line) 2014:06.12-06.17(普通の異常な愛情 at 10W gallery[osaka],group, UNDER LINE) 10.08-10.26(for the EDEN at cafe Anamune[osaka] w/ ai kotoni) 12.26-01.09(bang or crunch at Night Gallery Cafe CROW[tokyo],group) 2015:04.04-04.19(Stealth Exhibition at GiGi[hyogo],group) 10.31-11.08(拘束しているART展2 at ability[tokyo],group) 2017:09.30-10.09(拘束しているART展4 at ability[tokyo],group) 2018:08.31-09.09(for the EDEN 2 w/ キョウ and 莉華,non,unica,sui,アリス at cafe Anamúne[osaka]) 9.11-15(art展 2018 w/ キョウ at rainbow kitchen & bar黄金+Rainbow Kitchen[osaka],group)



2011-15 舞台美術

2012.10 虎視眈眈 [劇団態変] at ウイングフィールド [osaka] DVD
2013.05 ラテックスの子宮 [怪談BAR@怪奇幻想朗読会] at Night Gallery Cafe CROW [tokyo],朗読劇

2011-15 装飾
2011-2014 at Nekoyanagi Latex Gallery[osaka](ショーウィンドウ)
2012.09.01-10.31 at BAR IpsoFact[osaka]
2013.07.06-07.07 cafe clubwam! at ONE PLUS 1 Gallery 空間協力(2F)etc. [osaka]
2013.10.11-10.31 at 肝劇場[hyogo]
2013.12.13-2014.2.19 at IDEA[hyogo]
2015.10.26-10.31 at bar fifty@fifty[osaka] UNDERLINE

2011-18 BOOTH
2011.07(死の舞踏 mementomori at noon[osaka]*展示/物販ブース) 2012.10,11,12(RUBBER'S at nu things[osaka]) 2012.12(Le salon du latex 2 at OMEGA ALGEA[tokyo]) 2013.02(while shining indefinitely With you at nu things[osaka]) 2013.07/2014.07/2015.07(死の舞踏 mementomori at GLOBE/MAHARAJA/MOERADO[osaka]) 2013.11/2014.03,07/2015.08(The Love Skin[osaka]) 2014.03,08(NIGHT BOMB at IpsoFact/紅鶴/デジタルカフェ[osaka]) 2014.05(DRAG QUEEN & GORCEOUS NIGHT at rainbow kitchen[osaka], UNDERLINE) 2015.08,09(キネマミー/ゴムマトス at キネマトス[osaka] *Performance) 2017.10.28(RUBBER tea Party at Fetish Space[osaka]) 2018.11.17(RUBBER CAFE at witasexutopia[osaka])

2010-14 etc. *UNDERLINE名義
2010:10.31(アンビエントdeシュールna世界 at jamjam [hyogo],物販) 2011:10(Art Palette at GiGi [hyogo],ライブペインティング) 12(Sein-異種交流 展示即売会- at 夕顔楼[osaka])
2011​,2012:Lead Designer YUKIKOとの衣装コラボレーション 2012:05(clubwam!vol.5 Messy+RUBBERのページで撮影協力)* 2013:07(怪談BAR@怪奇幻想朗読会+GALLERY CAFE CROWコラボタイツ) 2014:05(月曜から夜ふかし シモーヌ深雪(舞台協力:谷アツシxUNDERLINE)* 09(clubgom!,clubwam!特別版フリーペーパー/作家紹介) 10(蚕 1st album「蛹の夢」ジャケット協力,谷アツシxUNDERLINE)* 11(INFAMOUS MAGAZINE #8,猫柳広告ページの撮影協力) 11(museum bar FOGのマネキン装飾 *継続中)


『虎視眈眈』より 

Installation:無題 または場面1と場面2の境界線






■for SEPT. 2010(NNNN0002) 2222円(-222円券付きで2000円)縮小版600円,私家製
小説とコンセプチュアル写真によるアートブック
■N2 -物語集- 2010(NNNN+NEU-NO.1) 1600円,私家製
split [ _underline / DARUIN ] ,novel+sound







2010.08.24-08.27 Room No.0004 -Closed Exhibition-
at
a one‐man exhibition(_underline)

非公開の展覧会. 一時的に展覧会場と規定された場所(店舗を除く)の持ち主に限りその知人を招いて鑑賞することができる(ただし招く必要はない). Room No.シリーズは, 0001を_underlineの自室と規定することで0002からExhibitionとして開始されている. ナンバーは概念を指し, 場所を指さないため, 仮に別の場所であっても同じナンバーを用いることができるし, 同じ場所でも違うナンバーを用いることができる. またナンバーは四桁であれば数字に留まらない.
2010.00.00-00.00 Room No.0001 [hyogo]
2010.08.24-08.27 Room No.0004 [hyogo]
2011.09.05-09.11 Room No.0005 [hyogo]
2011.09.27-10.31 Room No.0001.2011 at (Galería)NNNN [hyogo]       
2013.09.11-09.19 Room No.0006 [hyogo]
2014.06.21-06.24 Room No.0007 [hyogo]
2018.12.05-12.08 Room No.0009 [osaka]
派生:2017.04.07-04.09 private exhibition at [okinawa]


2014.09 別冊TH ExtrART file.02(記事掲載)ATELIER THIRD , amazon









■A Nightmare on Fictions 2011(NNNN0007) 500円 58ページ,私家製
■i.b.d.s.h.w.NEWSLETTER 2013,2011(NNNN0008/4) 1000円 各60ページ,私家製
1992-2013年に作られた小説12篇を収録した作品集と,1999-2005年(一部2009年)に作られた小説9篇を収録した作品集
ナンバリングされた小説は2012年までの射程において160とされる
INDUSTRIAL-IDENTIFY(2001),空虚(2005) .... 音声読み上げ機能による朗読(YouTube),他






2011 9.11(1) [hyogo]
ORG _underline

GROYXO(FINAL SCATO RECORDS:),Zoanthropy,_underlineの三者が集まって成立する2年1(奇数年)、9/11のノイズアクション. 参加/飛び込み自由で無料. AIZ,IXTL,chang changが演奏や観戦者として親しい. かつてBEARSでNOISE WORK SHOPを主催していたpenyynepが, GROYXO,_(underline)とともにClub OTO-YAで開催した2005年のNNWS(NEET NOISE WORK SHOP)が前身(5/24,7/26,9/27,11/30の計4回). NEETとは'Not in Education, Employment or Training'の略として英国で用いられていた当時の意味を指し, のちにその言葉が'ニート'として日本に輸入されることでついたイメージより以前の単語を用いている. つまり前身のNNWSの'ニート'とは'教育機関に所属せず、雇用されておらず、職業訓練に参加していない者'を指し、GROYXOがワークショップタイトルとして提案。9.11はNNWSの体験を元に_underlineが始める。9.11は、9/11を指す.(右画像デザインはGROYXO)
2011:9.11#1 2013:9.11#2 2015:9.11#3 2017:9.11#4
派生 2013:9.15 2016:ex9.11(notORG) 2017:9.10

関連 2018.07.24 IDEAL TIME at space eauuu(hyogo) 能勢山陽生 / AIZ / 江崎將史 / penyynep / _underline







2012 TH No.51-54 [atelierthird] Portrait of heretic 谷敦志xUNDERLINE 連載
pick up 金滿里/大黒堂ミロ/倉田めば/シモーヌ深雪 ATELIER THIRD

2013.10/2リリース Ax[BRNSPACE/ANTHRSPASE](1曲featuring参加) amazon





2013.11.11-11.30 LATEX GLOVES(1)
Photo Exhibition(_underline)

2013.11.11-11.30 LATEX GLOVES 1 at おにくぼ [tokyo]
2015.01.13-01.31 LATEX GLOVES 2 at おにくぼ [tokyo] Concealment except the symbol
2016.02.12-02.28 LATEX GLOVES 3 at おにくぼ [tokyo]
2017.02.10-02.26 LATEX GLOVES 4 at おにくぼ [tokyo] The taste of "The Chain Reaction"
2018.07.06-07.29 LATEX GLOVES 5 at おにくぼ [tokyo] breaks and biomineralization



■PROPOASL / _underline photo works 2010-2018 (latex gloves for men) 2018
16ページ,オールカラー,1000円,私家製,「LATEX GLOVES」展 販売用パンフレット





2014 田中幸夫監督作品/ドキュメンタリー映画「ITECHO 凍蝶圖鑑」(出演)
2014.04〜 神戸,大阪,京都,東京の舞台挨拶に参加
2017.12, 2018.02 トークショーに参加

2014,2015 渦とチェリー新聞 創刊号と2,4〜最終号,特別号(短編小説掲載)
2017〜 第二期 渦とチェリー新聞(連作掌篇小説掲載) 仟燕色馨シリーズ
2014.11 破滅派10号
(短編小説「粉闇」寄稿,W-E名義)
2017.10 破滅派12号(掌編随筆「硬霞」寄稿 *W-E名義)




■Deistic Paper(Sample Book) 2016(NNNN) 非売品,私家製


■Garbled(Sample Book) 2017(NNNN) 非売品,私家製 特設ページ
2009-2017年に作られた小説6篇を収録した連作集
2009 STERLING SILVER
2013 LOST DEITY
2014 break bounds
2014 overcome the nemesis
2011 Nightmare on the Fictions
2017 Chaote Disannulleth





2018.03.17 consistency(1)
静かに時が経過するイベント
experimental music+ fetish action w/ _(underline)
at(with) Na+H Concept Room (hyogo)

神戸市中央区北野町4-1-9 B1F 予約&問 cedille999@gmail.com 05053291719 ¥1,500 without 1 drink
⇒ 2018.03.17 consistency vol.1(S/S subconscious event第二段) w/ eternalfetish peformabce w/ Paula,$hIoRi⇒ 2018.05.27 consistency vol.2 w/ sax solo:田中邦和, eternalfetish Performance:paula w/ Paula
⇒ 2018.06.24 consistency vol.3 w/ Paula
⇒ 2018.08.25 consistency vol.4 w/ 石徹白真琴
⇒ 2018.10.27 consistency vol.5 w/ 石徹白真琴
⇒ 2018.12.16 consistency vol.6 w/ 石徹白真琴,フミコ / Sunao Inami Guest Live / Makeup Adviser MOON







_underline